ホーム » レーシック老眼治療は安全なの?

レーシック老眼治療は安全なの?

レーシック老眼治療の看護師レーシック老眼治療を行なえば老眼は治ります。老眼は老化現象ですがレーシックなどの手術を行なったり、また手術以外にも老眼回復トレーニングなどを行なえば回復することもできるのです。
 
当サイトでは老眼レーシック手術や、その他の効果的な老眼治療法、トレーニング法や予防法を紹介します。

 

老眼回復のために

老眼は避けられない?!

老眼は、正常な視力の人の場合、加齢と共に焦点を合わせる能力が衰えて、近くの文字などが見えにくくなるという症状のことです。老眼鏡をかけるのが一般的な対処の仕方でしょう。しかし、現在ではレーシックなどによって克服(矯正)することができます。
 

手術以外の老眼治療もあります

手術以外の老眼治療法でおすすめなのが「食事療法」です。しかしすぐに効果がでるわけではないので、毎日コツコツと続けていくことが重要です。忍耐が必要です。
 

主にビタミンAやビタミンE、血行を促す食品を積極的に摂取します。ほうれん草、ごぼう、ひじきなどの野菜(海藻)を食事に取り入れると良いでしょう。またサプリメントを活用するのも効果的だとされています。
 

老眼治療とレーシックについて

もともとレーシックは、近視を改善するための治療法ですが、技術の進歩で老眼の治療にも対応可能となりました。
 

レーシックを簡単に説明すると、角膜にレーザー照射することで角膜を削り、曲がり方を変えて視力を矯正するものです。目の角膜を削ってピントが合うよう調整することで、遠くや近くを見る機能が回復します。
 

レーザーを照射する前には、角膜の表面部分を薄く剥がして蓋になる部分(フラップと呼ばれる)を作成。角膜にレーザー照射を行った後(これで角膜が薄くなる)、フラップをかぶせて終了します。
 

このように角膜を削る手術なので、角膜の薄い人は治療を行なえない場合があります。品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニック、新宿近視クリニックなど大手のレーシッククリニックでは、どれも老眼矯正のレーシックを行っています。
 

レーシックのCKは角膜を削らない!

レーシック治療は、角膜を削る手術を行ないますが、「伝導性角膜形成技術(CK)」は角膜を削る必要がない新しい手術法です。より簡易的手術で済み、手術時間も3~5分間程度です。
 

手術後の1日~2日は、違和感や、痛み、乾きなどの症状は出ますが、目薬の点眼で時間の経過と共に症状はなくなります。
 

老眼治療としてのトレーニングの重要性

老眼の原因は「虹彩筋」と「毛様体筋」の筋肉が弱体化のためにピントが合わなくなるためです。そのため虹彩筋と毛様体筋を鍛えるには、老眼回復トレーニングはとても重要です。弱体した筋肉も、毎日のストレッチで徐々に強化されていくのです。
 

老眼レーシックの費用

レーシックの費用は安くはありません。老眼レーシックのパイオニアでもある神戸神奈川アイクリニックでは、両眼37万~100万円程度となっています。近年、老眼治療に注力してきた品川近視クリニックは両眼30万~60万円と少し安めに設定されています。(※参考ページ:レーシック 費用
 
 

老眼手術CKについて

老眼レーシックに悩む老夫婦老眼治療の一つとして有名な「レーシック治療」は、目のピントを合わせるのに角膜を削るという方法で手術を行ないます。この行為は、多くの人達に恐怖感を与え、レーシック治療を踏み止まらせる原因となっています。
 

そこで、その人達に知ってほしいのが、角膜を削る必要がない「伝導性角膜形成技術(略称:CK)」という手術法です。通常のレーシックと比べても、より手術が簡易的です。
 

手術に要する時間も、だいたい3~5分間くらいで済みますし、点眼麻酔を行なうため痛みは感じない場合がほとんど。また、手術後の違和感や、痛み、乾きといった症状は避けられませんが、点眼薬の使用と慣れにより克服できるレベルです。
 

具体的な治療は、高周波(ラジオ波)を角膜に照射して行ないます。
すると、角膜に存在するコラーゲン組織の一部分が収縮するので、この仕組みを利用して角膜にカーブを描かせます。
 

技術的な面では、遠近両用レンズをつくるという点でも、通常のレーシックと大きな差はありません。
 

遠近両用レンズにより、角膜の中心部を現状維持して遠くのモノを見やすい状態を保ち、角膜の周辺の治療を行なうことで近くのモノを見やすくします。これにより、遠くと近くがバランス良く見えるようになるのです。
 

このCK技術は、レーシックを行ないたいけれど角膜を削るのに恐怖感を感じる、という人達に注目を集める老眼治療法です。
 
 

レーシックカメラってどんな施術?

レーシックカメラとは、老眼の人のレーシック手術に加えて、片方の目にカメラインレーという特殊なレンズを入れてしまうというものです。
 

この、カメラインレーというものは黒い輪(五円玉のような)の形をしていて、カメラのレンズでいう絞りを絞った状態にして被写体震度を深くするという原理を使うものです。
 

具体的な手術は、はじめに点眼麻酔をしてから、レーザーを照射してフラップ(蓋)を作ります。その後に必要であればフラップの下の角膜にレーザー(エキシマレーザー)を照射して削ることによって視力矯正を行います。
 

そして片方の目に、フラップを被せる前にレンズ(カメラインレー)を挿入してフラップを被せます。もう片方の目はそのままフラップを被せて終了します。手術自体は、十数分で終わります。
 

レーシックカメラを受けられる人は、白内障、緑内障のない方で、白内障の手術をした方は六ヶ月以上経過していること、また、過去にレーシック手術を受けていないなど制限があります。また、この挿入したカメラインレーは後で取り外すことも可能です。
 
 

レーシック老眼治療での回復のメリット

現在の老眼治療の回復効果とは、本人が思っているよりもずっと大きいものです。
 

しかも最先端の老眼治療の機関として有名な「アメリカFDA」では、98パーセントの人達が老眼鏡を使用せずに新聞が読めるようになったという臨床結果があります。
 

老眼鏡が不要になった場合のメリット

1・新聞などの細かい文字を読むことができる。
2・外食時に、メニュー表を自分で読むことができるようになり、他の人に読んでもらう必要がなくなった。
3・パソコンのキーボードが良く見えるようになり、文字の入力が楽になった。
4・老眼鏡がなければ腕時計の時間を確認できなかったが、裸眼で時間の確認ができるようになった。
5・階段の昇降時の恐怖感がなくなり、普通に昇り降りが行なえるようになった。
6・新聞や雑誌を読むとき、老眼鏡を捜したりかけたりする面倒から開放された。
7・外出時に、老眼鏡を忘れたり捜したりする必要がなく、面倒を感じることがなくなった。
8・自分の年齢がまだ若く、老眼鏡をかけることに抵抗があったが、そのような恥ずかしさからも開放された。
 

これらを考えただけでも老眼治療を検討する価値は充分にあると言えますね。
 

 

最近の投稿